特集☆看護学部のある大学in大阪

トップ > 大阪の看護大学情報 > 大阪においての看護大学と看護専門学校の相違について

大阪においての看護大学と看護専門学校の相違について

 大阪については、関西一位の経済都市だけに多くの看護系大学があるなど、たくさんの生徒が通学しています。
大阪で看護師になるためには、文部科学省指定の学校であるとか、厚生労働大臣指定の養成所を修了し、国家試験の受験資格を確保することが求められます。
こうした場合の学校と言いますのは、4年制大学、短大それから、専門学校や看護師学校を指します。
そして、こうした学校の違いを理解することは重要になります。
看護師国家資格については、看護大学や看護専門学校のいずれを卒業しても試験を受ける資格が手にはいります。
しかしながら、保健師、あるいは助産師そして、専門看護師などを希求する方は、卒業する場合に保健師や助産師、さらに養護教諭の受験資格を得られる大学を選ぶことが不可欠です。

 大学を卒業すると看護学の学士を入手することができ、履歴書において大卒と記入することの出来るなど、入職時にアドバンテージになるケースがあります。
現実に看護師として勤務し始めると、専門学校卒業生については実習をたくさん経験している分だけ、現場に対して慣れるのがとても早い傾向が高いようです。
しかしながら業務に対して馴れてきますと、大学卒業生は在学中に習得した専門的な知識や理論で要領よく業務を実行できるようになります。
ですから、両方には全く異なる有益性があると言えるでしょう。
大学を選択するべきか、専門学校を選択するべきかで悩みを抱える方が少なくありません。
現在において、看護業界についても高い学歴を志向する傾向が強くなりつつあります。
看護大学に対する進学を望んでいる学生数が多くなっています。

 看護師と一言で言いましても、そのワークスタイルについては、最近多様化しつつあります。
そして、活躍の機会についても病院、あるいは医療施設のみに留まりません。
それを受けて、看護師を目標にする方については、自分自身が進んでいきたい道をはっきりとイメージして、そこのところにたどり着くまでの効果的な方法はどこにあるのかを見出すことが重要となっています。
医療現場において一日でも早く出てテクニックを磨きたい、或いは広範囲に及ぶ専門的知識を手に入れて看護や福祉分野の研究が実施したいなど、キャリアビジョンが明らかであれば、自ずと目標としなければならない学校が分かってくるはずです。
そして、日本有数の都市である大阪はそうした夢を実現するための絶好の地理的条件といえます。

次の記事へ

カテゴリー