特集☆看護学部のある大学in大阪

トップ > 大阪の看護大学情報 > 大阪で看護師の資格を取得する方法とは

大阪で看護師の資格を取得する方法とは

 大阪は、旧帝大ということで実績のとても高い有名大学をはじめ、様々な私立大学もあることから、看護師志願者にとり望ましい環境といえます。
看護師は資格が必要ですが、看護師と知事資格の准看護師の二つに分けられます。
看護師は看護大学や短期大学、あるいは専門学校などでトータルで3000時間以上の教育を受けることを通して受験資格が与えられます。
そして、准看護師は准看護師養成所において1890時間以上の教育を受けることを通じて受験資格が供与されます。
現実的に准看護師は短期の間で取得可能である反面、給料面が劣る面があります。
したがって、看護師資格の取得がお薦めです。
さらに看護師資格を手に入れて経験を積んだ後専門看護師または認定看護師というような資格を求めることもできます。
これに関しては看護師という形で一層ハイレベルな知識を習得したことを証する資格でありキャリアアップに結びつけることができます。

 看護師になるための学校としまして、主として専門学校、4年制大学の2パターンがあります。
大学や短大と対比してみて一番活用している人数が多いのが専門学校になります。
国内至る所に看護師の専門学校が見受けられます。
看護専門学校については通常の場合3年制であり、応用できるテクニックを会得することが目的とされています。
従いまして専門学校のアドバンテージとして大学と照らし合わせると1年短く活動し始めることができる、さらに教育に必要な資金が安い、そして即座に実用的なスキルを体得することができるなどがあります。
因みに専門学校では高校よりストレートに進学する方の他に、一回異なる仕事として社会人になってから新たな形で看護師を目標にする人など色々な人が集まり易いことも特色になります。

 看護大学も、大阪は当然のこと、全国に数多くあります。
数は専門学校と照らし合わせるとあまり多くないものの、ここにきて看護師希望者の大学進学率は以前にも増して高くなっているといわれています。
年を経るにつれて医療がハイレベルになっていく中でそうした非常に深い専門的な知識を持った看護師のニーズが高くなっています。
その結果一層学術的な必要となる知識を自分のものにすることができる大学の評価が高まっています。
大学を利用することによって看護を学習するメリットとして、4年制の為ゆとりを持って研磨を積むことのできる、専門的な知識だけでなく広範囲に及ぶ教養を学習できる、助産師といった関連資格を在学時に獲得できるなどがあります。
さらに非常に多くの病院では専門学校卒と対比して大学卒の方が月額報酬を高く設けていることが多いといえます。

次の記事へ

カテゴリー